トイレの水漏れの原因と対処法

トイレの水漏れの原因と対処法 排泄をするために必要不可欠なのがトイレであり、住居には最低1つ以上設置されています。排泄をする場所とは言っても近年のトイレ事情は急速に発展しており、快適に使用することができるようになっています。ですがトイレは住宅の中でも水漏れなどの水のトラブルが起こりやすい場所であり、設備や部品の劣化、間違った使い方などによってトラブルが発生します。快適に使用することができても一度トラブルが起こると、水が漏れる、汚水が逆流するなど大惨事に繋がる可能性もあることから、万が一トラブルが発生しても冷静に対処することができるようにしましょう。

■止水栓を止めて落ち着こう

タンクやその回りにある配管などから水が漏れている場合、スペース自体が狭いことから、床が水浸しになっていて驚いたという人は珍しくありません。汚水ではなくこれから流れる水であることからそこまで不衛生ではないのですが、トイレの水である以上気持ちのいいものではありませんし、放置しておくと床や壁、集合住宅の場合は階下の部屋などに被害が拡大してしまう可能性がありますし、少量でも水が流れ続けていることで高額な水道料金が発生する可能性もあるので放置することはできません。水漏れを発見した際は、まずは止水栓を止めて冷静に原因を特定しましょう。止水栓はタンクの給水管についています。洗浄便座がついている場合は洗浄便座用の止水栓と間違えないようにしましょう。止水栓を止めると、タンクのレバーを引いても水は流れなくなりますし、漏れている場合も止めることができます。

■トイレで水漏れが起こっているのはなぜ?
トイレ 水漏れが起こる原因としては大きくわけて2つあり、タンクが原因になっている場合と便器が原因になっている場合があります。タンクが原因の場合はタンクの中にある部品に問題がある、部品が外れている、位置がずれているなどで起こります。タンクの寿命は10年前後と言われていることから、10年が経過している場合は経年劣化を疑いますし、新しいタンクでも節水のためにペットボトルなどを入れている場合は水が漏れやすくなるので注意が必要です。便器から水が漏れてきている場合は陶器でできている便器が割れてしまっていたり、ひびが入っている、便器の下の部分に結露があるなどです。

■タンクから水が漏れている場合の対処

タンクから水漏れが起こっている場合は、タンクが寿命の場合はそのものを取り替えることで解決することができます。タンクが新しい場合、交換を希望しない場合はパーツやパッキンなどの部品を交換するなどして対処することが可能です。ペットボトルなどをタンクの中に入れている場合は再発防止のために必ず取り除きましょう。簡単な修理では、タンクの中に浮いている浮き玉をはめ直すだけで水の漏れを止めることができる場合もあります。普段なかなかタンクの蓋を開けないという人は定期的に開けてみてチェックをしておくとよいでしょう。


■便器から水が漏れている場合にできること
便器から水が漏れている場合はまずは漏れている水を全て雑巾などを使って拭き取り、便器に破損がないかしっかり確認をしましょう。一時的な対処ではありますが、ヒビや破損を見つけた場合は防水テープやパテなどを使用して水が漏れている箇所を修復します。結露もなく、ヒビも入っていないのに便器から水が漏れているという場合は排水管などから漏れている可能性があり、この場合はできるだけ早く業者を手配して修理を依頼するようにしましょう。

まとめ
トイレの水漏れは汚水が漏れてくる可能性もあることから、被害が拡大する傾向にあります。意外と簡単な修理で解決することができる故障などもありますが、大掛かりな工事になると業者の存在は必要不可欠です。トイレは毎日使用するものなので、修理などになると時間がかかるため中には見てみぬふりをしてそのまま放置しているという人もいるのではないでしょうか。ですが一戸建ても集合住宅もトイレに関する水漏れは様々な影響を及ぼしてしまうことから、水が漏れていると感じたら早急に原因を特定して、応急処置を行い業者に依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース